胃腸が弱い人必見!お手軽な改善方法

胃腸が弱くなる原因とは?

胃腸は食生活の乱れによって弱くなってしまうことがあり、症状として食欲の不振や肌荒れ、肩こり、そして普段より甘いものが食べたくなるような症状を伴うことがあります。加齢により自然と弱まってしまっている場合は、昔よりも食事量が減ったり油っこい食べ物を多く食べると胸やけやもたれ、あるいは吐き気などが出てしまう、あっさりした白身魚などを好むようになってきます。生まれつき胃腸が弱いのにもかかわらず、無理してきた人は便秘や下痢を起こしやすく、冷え性にもなっていることが多くなります。

消化し吸収する力には限界があるため一度に大量の食事をする人は、腸内細菌などのバランスが整っていないと胃腸に負担がかかり、弱まってしまいます。また、不規則な時間帯に食事をとっている人は胃液の分泌などがスムーズに行われずに負担になっていることがあります。栄養のバランスが偏ってしまうと、荒れた胃壁や腸壁の修復も十分に行われず悪化しやすいため注意が必要です。ストレスも胃液の分泌や蠕動運動などを鈍らせ、よくありません。

風邪をひきやすくなったなど一見胃腸とは関係ないような症状でも弱まっているために発症することがあり、それは免疫力と深いかかわりがあるためです。悪化した状態を放置していると炎症や潰瘍を引き起こす要因になることもあるため、早めに改善させることが不可欠です。お腹を温めると免疫力が向上しますし、毎日同じ時間帯に食事をするようにすれば胃液の分泌や蠕動運動なども徐々に回復していきます。

ひどい便秘の時には自力で回復させることも難しいため、専門医を頼ったほうが良いです。薬に頼らなくても専門的な知識から食事内容の改善と運動を指導してもらい、続けただけで便秘を解消できる人もいます。

生活習慣から見直せる胃腸強化

胃腸が弱くて悩んでいる方は、自身の生活習慣を見直していくことから始めましょう。健康的な生活習慣を身につけることで、体の免疫力、またその他にも体にいい影響を与えることにつながるでしょう。
また、日々の生活習慣や食生活を改善していくことで、胃腸を強化することも可能だといわれています。
不規則な生活をしていると、睡眠不足や運動不足、ストレスなどにより、体にいい影響を与えることはありません。
まずは、しっかりと睡眠がとれるように心がけていく事が大切です。また、運動が苦手な場合でも、できるだけ生活の中で運動をする習慣をつけることも必要です。
ストレスは、誰でも抱えているものですが、あまり溜めすぎてしまうと精神的な病気にかかってしまうこともあり、また、ストレスにより胃腸への負担がかかってしまうこともあります。
ストレスは、できるだけ溜めないよう、発散できる環境を整えることや、自分で気持ちの切り替えをうまくすることで解消していきましょう。
胃腸を強化するためには、食生活も重要なポイントです。
胃腸へ負担をあまりかけないように、消化しやすい食材を使い、食事をすることも大切です。
消化や吸収率のよい食事をすることや、また食物繊維を積極的にとることで腸の働きを活発化するのもいいでしょう。
その他にも、極端に濃い味付けを控えるのもポイントの一つといえます。味付けが濃いものは、胃壁を刺激することにつながり、胃腸への負担になってしまうこともあるので注意しましょう。
それ以外にも、熱い食べ物や冷えた食べ物も、胃腸を刺激する場合があり、あまり食べ過ぎてしまうと、下痢などの症状を引き起こすこともあるので、ある程度食べ物の温度も意識して食事をすることも、時には必要だといえます。
その他にも薬で胃腸を強化する方法もあります。胃腸薬で有名ではネキシウムがあります。胃腸の機能が弱まると胃潰瘍や十二指腸潰瘍が発症する可能性があるので、ネキシウムを使って胃腸の調子を改善しましょう

正しい胃腸薬の見分け方とは

胃腸が丈夫であると毎日の生活は豊かになります。食べるものが好きなだけ食べれることは食欲を多いに満たしてくれます。しかしいくら丈夫とはいえ、食べ過ぎるときにはどうしても薬に依存していまいます。この胃腸薬も服用を間違うと調子を整えるどころかかえて食欲が減退してしまうこともあるので、自分の胃腸のタイプに応じたものを選ぶのがいいです。
胃腸の弱い強いは、その組織である胃壁の強さもあり、大きさもありますが他に決める要素として胃酸の分泌量が具合によっては丈夫さが違ってきます。胃酸の分泌が多いほど消化する能力が高いので丈夫に思えますが、実際はそうばかりではなく胃酸過多の為に胃の粘膜があれて食欲減退が起こることもあります。大別にして胃腸薬を使用するときには、胃酸の分泌を抑制するものと胃酸とともに消化を助けるものがあります。つまり胃酸過多の方が、胃酸促進の消化増進の薬を飲んでも効果的ではなく、かえって体の具合は悪くなることがあるわけです。胃酸過多の傾向は、普段の食事で満腹から空腹までの時間の短さでも把握できるので、人比較して空腹になる時間が早いようであれば胃酸抑制をしていくほうがよく、胃酸過多の方の場合には空腹時の気持ち悪さを伴うことでも胃の状況を判断できるので薬の服用を目的にあったものにするべきです。
このように胃腸のタイプによって、服用を変えるべきですがあまりにも過食した場合には、いくら胃酸過多でも消化をある程度促進しないとだめな場合もあるので、その場合には消化促進の消化酵素入りの胃腸薬を少量服用することで胃腸を整えて、うまく胃酸をコントロールして胃の中の残留物を負担少なく消化させるようにするほうがいいです。

◎胃酸分泌を抑えて逆流性食道炎を改善しましょう
エソメプラゾール

  • 胃腸はとてもデリケートな臓器です。 心配な事があれば必ず胃が痛くなる人もいますし、緊張するとすぐ下痢になってしまう人もいます。 胃腸が弱いと体のいたる所に不具合...

  • 胃がもたれたり、胸がむかむかしたりするのは胃が障害を起こしている証拠です。胃の障害から胃潰瘍に進行することもあります。胃に関わる病気にテプレノンという薬が使われ...

  • 数多くある病気ののなかでも、内臓疾患かかっている方は多いです。日常生活において、しょっちゅう胃腸の調子が悪いという方や、胃部に違和感を感じるという方は、慢性の胃...

  • 夏バテして食欲がない、食べ過ぎて胃がもたれている、ストレスで胃がキリキリ痛い、こんな時どのような胃腸薬を選んで飲んでいますか?また、薬局やドラッグストアにはたく...

  • 日本の食生活は近年大きく変化していっており、いわゆる食生活の欧米化によって胃には負担のかかる食事が増えてきています。胃腸炎を放置してしまうと、胃潰瘍、十二指腸潰...

  • 唾液が出すぎてしまうという症状や、少なすぎて困っているという症状を持っている、という方が多いのではないでしょうか。そもそも人間の体において唾液は、殺菌作用や食べ...

  • ソウジュツは、キク科のホソバオケラという植物を原料とする生薬であり、漢方では健脾の作用があると考えられています。類似するビャクジュツとともに、胃腸虚弱が原因の気...